まとめまとめ イエップルとは2chやブログから楽しいニュースを集めているサイトです

このエントリーをはてなブックマークに追加
まとめまとめ イエップル

新着

ニュース

オタク

芸能

スポーツ

動物

ガジェット

神秘

その他

【!?】死ぬのを思い止まらせてくれる文章がこれ・・・確かに恐ろしい

コスメ サンプルマニア



自殺の恐ろしさ

自殺そのものは恐ろしくない。自殺に就(つ)いて考へるのは、死の刹那(せつな)の苦痛でなくして、死の決行された瞬時に於ける、取り返しのつかない悔恨である。今、高層建築の五階の窓から、自分は正に飛び下りようと用意して居る。遺書も既に書き、一切の準備は終つた。さあ! 目を閉ぢて、飛べ! そして自分は飛びおりた。最後の足が、遂に窓を離れて、身体(からだ)が空中に投げ出された。

だがその時、足が窓から離れた一瞬時、不意に別の思想が浮び、電光のやうに閃(ひら)めいた。その時始めて、自分ははつきり[#「はつきり」に傍点]と生活の意義を知つたのである。何たる愚事ぞ。決して、決して、自分は死を選ぶべきでなかつた。世界は明るく、前途は希望に輝やいて居る。断じて自分は死にたくない。死にたくない。だがしかし、足は既に窓から離れ、身体は一直線に落下して居る。地下には固い鋪石。白いコンクリート。血に塗(まみ)れた頭蓋骨(ずがいこつ)! 避けられない決定!

この幻想のおそろしさから、私はいつも白布のやうに蒼ざめてしまふ。何物も、何物も、決してこれより恐ろしい空想はない。しかもこんな事実が、実際に有り得ないといふことは無いだらう。既に死んでしまつた自殺者等が、再度もし生きて口を利(き)いたら、おそらくこの実験を語るであらう。彼等はすべて、墓場の中で悔恨してゐる幽霊である。百度も考へて恐ろしく、私は夢の中でさへ戦慄する。(『セルパン』1931年5月号)
 
『田舎の時計 他十二篇』 萩原朔太郎
続きを読む

続きを読む